2020.8.12 7/18〜8/2 工事中見学会を実施します 詳しくはこちら>>


想い

家族を建てる 家族を建てる

いってきます。
いつしかその言葉を、家族だけでなく、
「家」そのものに言っていることに気がつきました。
「家」は、私たちの暮らしをつくっているもの。
だからこそ、食べ物の産地や添加物を気にするのと同じように、
自然の素材が使われた、「身体」にも「心」にもやさしい家にしたい。
木(天然無垢材)・漆喰(塗り壁)・羊毛(ウール断熱材)。
そんな自然素材に囲まれた毎日は、すっと息がしやすい気がします。
深呼吸して、目を閉じると大自然のなかにいる気持ちになれる。
石膏ボードやビニールクロス、合板などを使った「製品化された家」では、
私たちの望んでいた、風通しのいい暮らしはできなかったでしょう。
一生を共に過ごす家は、いつまでも健康であってほしいし、
時と共に劣化するのではなく、趣のある場所にしたい。
「家」も家族の一員です。木や漆喰が呼吸する「生きた家」なら、なおのこと。
だから今日も、元気に声をかけるのです。
ただいま。

こだわり

板倉構法

日本の気候を知り尽くした伝統技術

板倉構法は日本古来の木造建築技術で、伊勢神宮や正倉院などにも用いられている工法です。一般的な木造住宅に比べて約3倍の木を使い、木材は100%天然無垢材。合板や新建材などに使われるような接着剤や化学物質もなく、細川木材では四国の気候にあった四国産の杉・檜を使用しています。
木の家づくりを伝統とする日本独自の工法だけに、日本の四季にもマッチしており、大きな特徴は空調に頼らなくても、夏は涼しく、冬は暖かいこと。天然無垢材は24時間呼吸をしているため、じめじめとした湿気や結露も出ず、空気清浄機がなくても常に「いい空気」が循環しています。さらに木で断熱をする構造のため、断熱材も使用しません。

瀬戸漆喰

澄んだ空気を生む、自然の土

においやアレルギーの原因ともなりうる、合成樹脂が混ざった石膏ボードやビニールクロスを使わずに家づくりがしたい。そんな私たちが行き着いたのが「瀬戸漆喰」でした。漆喰は石灰石から生まれた自然素材。そのなかでも瀬戸漆喰は、牡蠣殻から抽出した超高濃度カルシウムイオン水を混ぜ、強度と耐久性を上げています。
瀬戸漆喰を使うことで、タバコやペットなど様々な生活臭を吸収分解して、室内の空気はきれいで驚くほど無臭になります。そのため、「子ども達がよく眠るようになった」という声も。
さらに漆喰自体アルカリ性であることから、抗ウィルス・防カビなどの効果も期待されており、静電気も発生しないため埃が壁につくこともなく、きれいな状態を保ちやすいです。

作り手たち

社長

根っからの建築好き。だからこそ手間ひまかけても、自分が良いと思う家づくりをしたい職人肌。営業をすることが苦手で、自然素材の家に共感してくれる人のために仕事をしたいタイプ。売ることより「こんな家づくりがあるんだ」と知って欲しい想いがある。

マネージャー

小さなお子さんを育てるママさんならではの目線で家づくりをサポート。ふと町を見渡したときに、同じような家が並ぶ光景よりも、日本の風景にあった家づくりがあり、その景観をつくっていくのも地域の工務店の役割ではないか、という信念を持つ。

設計士

もともと細川木材で家を建てたお客さん。それ以来、一番のファンになり、建築士の経験を活かして設計などを担当。本人いわく「一度この家に住んだら、もう他の家には住めなくなる」とのこと。近所の子どもたちも自然と彼女の家に集まってくるらしい。

ギャラリー

自然体のまま、家族も、家も、健やかに生きていく。
天然の木がそばにある、心地いい暮らしの1シーンをご紹介します。

会社概要

会社名
株式会社細川木材
所在地
香川県高松市国分寺町福家甲425-11
代表
細川太志
従業員数
3名
電話番号
087-814-5390
FAX番号
087-814-5391
設立
平成22年11月
事業内容
販売事業:木材・瀬戸漆喰販売
建設事業:新築・リフォーム・店舗

アクセス