自然治癒の家 NATURAL HEALING HOME

produced by 株式会社細川木材

株式会社細川木材

TEL087-814-5390

高松市国分寺町福家甲425-11
営業時間 | 10:00-19:00
休業日 | 日・祝(ただし予約時は営業)

  • アレルギーでお悩みの方へ 「自然素材」について 詳しくはこちら
  • 音楽室
  • ガーデンケア
  • モニター募集
  • 瀬戸漆喰 せとしっくい
  • 木の家にふさわしい理想の断熱材 Wool Breath ウールブレス
  • CONTACT お問い合わせはこちら TEL087-814-5390

自然治癒の家の家づくり Our house building

瀬戸漆喰について

室内の空気は建築部材や家具などから放出される有害物質を含んでいます。
漆喰には化学物質過敏症の主な原因とされる「ホルムアルデヒド」の吸着分解機能がある建材として注目されはじめています。
また、漆喰自体、アルカリ性であることから、抗菌・防カビなどの効果も期待されています。

漆喰の効果

漆喰の効果

近年では、漆喰には化学物質過敏症の主な原因とされる「ホルムアルデヒド」の吸着分解機能がある建材として注目されはじめています。また、漆喰自体、アルカリ性であることから、抗菌・防カビなどの効果も期待されています。漆喰は塗ったあと、表面から乾燥し石灰のかたまりになっていきます。硬化した漆喰は、空気中の二酸化炭素を吸いながら、長い時間をかけ硬化(石化)していくのです。その速度は厚み1㎜に対して約10年かかるとも言われています。『瀬戸漆喰』を使う『木ずり下地工法』では、漆喰を8㎜以上塗るので、塗り厚が厚いぶんだけ効果が大きくなります。

メリット

メリット

漆喰は、主原料である消石灰に「糊」になるツノマタ(海藻を炊き、抽出したもの)、割れを防ぐための「つなぎ」になるスサ(麻やワラなどの繊維)を加え、水で練り上げて作ります。
日本では、漆喰の原始的な物が縄文時代からあったとされており、高松塚古墳の壁画や、飛鳥時代の法隆寺などにも使われています。戦国時代には、漆喰の白さは権力の象徴として、また耐久性の高さや防火性能のある優れた機能を持っていたことから、財産を守る目的として多くの城郭に使用されていました。江戸時代には、これらの長所を活かして、裕福な商人屋敷や神社仏閣に使われるようになり、漆喰は長く日本の建物の材料として使われてきました。
しかし時代が変わり、戦後日本の住宅供給が急務になると、時間と手間のかかる伝統工法から、合成樹脂などの化学物質の混入された効率よく作業ができる材料が多く使われるようになり、手間のかからない工法へ変わっていきました。

はじめまして!ワタクシ瀬戸漆喰と申します

素材にこだわるへ戻る

pagetop